マレーシアの高大の国際的接続

マレーシアにおける高大の国際的接続に関する調査研究 
― 私立テイラーズ・カレッジの事例 ―
メルウィン・ロー・ゼー・ハン


はじめに
 マレーシアの教育制度は日本と異なり、高校を卒業して大学に入学する間に、各大学の入学条件として、大学予備教育を受けることが必要である。高校生は高校を卒業する前に、マレーシア教育検定試験((Sijil Perlajaran Malaysia: SPM)呼ばれる統一試験を受ける。この成績を基に、各大学予備課程や専門学校が決まる。この成績は総合点数ではなく、成績がランク別に示されている。一般的に、進学する際に、その成績の中、いくつかのAがあることと特定の科目が合格かどうかということが見られている。大学予備教育プログラムとその中での成績によって、マレーシアのどのような大学に入学するか或いは海外の大学に進学するかが決められている。マレーシアにおいて、海外留学という選択が多くて、海外留学のための予備教育機関も多く存在している。本稿はマレーシアにおける主な六つ、(そのうち、国内大学進学向けは二つ、海外大学進学向けは四つ)な大学予備教育プログラムを紹介する。

調査方法
 海外において予備教育プログラムを重点的に行ってきているマレー シアに焦点を当て、現地調査でテイラーズ・カレッジの予備教育課程の教職員とのインタビューや意見交換を通じて、私立カレッジが提供している予備教育課程の概況と現状をまとめる。

1.テイラーズ・カレッジの概要
テイラーズ・カレッジはマレーシアの私立の予備教育機関で、1969年に創立された。テイラーズ・カレッジは大学予備教育プログラムを提供している。現在のテイラーズ・カレッジは二つのキャンパスを有し、ひとつはSubang Jayaにあり、 もう一つはSri Hartamasにある。テイラーズ・カレッジは四つのタイプの大学予科プログラムを提供していて、世界中、一つ目のそして最大なケンブリッジAレベル(Cambridge A-Levels:CAL)を提供している独立センターである。また、カナダ大学予備課程プログラム を提供する大学の中に、マレーシアで先駆的な地位を占めしている。88%の教師はカナダ人で、Ontarioの資格と豊富な教師経験を持っている。テイラーズ・カレッジのSACEインターナショナル(SACE International programme)もてとも学術的?である。このプログラムの全ての教師は南オーストラリアのSACE理事会により、訓練?されている。同時に、テイラーズ・カレッジは国際バカロレアディプロマプログラム(International Baccalaureate Diploma Programme:IBDP)も提供している。その他、ACCA Fundamentalsと専門的な会計コースも提供する。
 テイラーズ・カレッジはテイラーズ教育グループ(Taylor’s Education Group)のメンバーである。テイラーズ教育グループは、テイラーズ・カレッジの他、テイラーズ大学, といくつのインターナショナルスクールがある。
テイラーズ・カレッジが提供する大学予備教育プログラム
1) ケンブリッジAレベル(Cambridge A-Level: CAL)
2) カナダ大学予備課程プログラム (Canadian Pre-U Programme)
3) SACEインターナショナル (SACE International/South Australia Matriculation)
4) 国際バカロレアディプロマプログラム (International Baccalaureate Diploma Programme:IBDP)

2 ケンブリッジAレベル(Cambridge A-Level: CAL)
 一般教育修了上級レベル(General Certificate of Education Advanced Level)、通称Aレベルは大学予備課程の一つである。生徒たちがSPM、或いはIGCSE、または同じレベルの学歴を取得してから、Aレベルに入学することができる。イギリスの教育制度に従い、STPMと同じレベルのAレベルの評価は100%で試験で決められる。学術的な傾向にある学生に適している。つまり、試験に強い生徒に向いていると言える。 Aレベルのカリキュラム、試験と資格認定は、イギリスのケンブリッジ国際検定試験委員会(University of Cambridge International Examinations :CIE) 、によって提供される。     
 Aレベルは大学入学の資格として、世界中のトップ大学に認められていて、特にイギリス(ラッセル・グループ)とアメリカ(アイビーリーグ)の大学である。特に医学、薬学、歯学、工学、法律等の専門に入学したい生徒は、他の大学予備課程より、Aレベルを受講した生徒のほうが競争力が強い。何故かというと、Aレベルの科目の内容がより深いので、生徒により強力な知識基盤を与えるからである。
2.1 入学条件 
 Aレベルに入学するには、生徒は、SPMやIGCSEやその他の同レベルの検定で、英語を含めて五つのCを取得し、同時に、マレー語と歴史に合格しなければならない。科学の分野の学位を求める生徒は数学、物理、化学および生物中のCを達成する必要がある。医学、歯科や薬局の分野の学位を求める生徒は、数学、物理、化学、生物学ともう一つの科目で五つのBをし取得することが最低条件である。

2.2 プロクラムの構造と評価
 Aレベルは線形構造(Linear Structure)に従う。これの意味では、選ばれた課程の内容が徐々に難しくなり、それにしても、生徒は子の科目の最後まで履修しなければならない。Aレベル取得は、一般的に2年間のカリキュラムとなり、二つのパートに分かれ、各パートは1年間の過程となる。前半パートはASレベル(AS Level, Advanced Subsidiary Level)、後半パートはA2レベル(A2 Level)と呼ばれる。従って、生徒は、各科目において二回試験を受けなければならない。生徒の最終的な成績は、この二回の試験成績の平均である。
 Aレベルを終了したら、生徒が選択した各科目において、A*, A, B, C, D または Eという 6段階評価のいずれかを受け取ることとなる。Aレベルの評価制度は正規分布曲線に従う。その意味では、一人の生徒の成績はその年のすべての受験生の成績によって決める。基本的な評価の仕方は、下記の表で表しているが、基準点として、以下の表を使用することができる。
表1:評価表(ガイド)
評価 パーセンテージ(%)
A* 90 から 100まで
A 80 から 89まで
B 70 から 79まで
C 60 から 69まで
D 50 から 59まで
E 40 から 49まで
出典:UniDigest
2.3科目
テイラーズ・カレッジが提供するAレベル科目は、会計学、生物学、ビジネス学、化学、コンピュータ科学、経済学、上級数学、英語、数学、物理学、心理学や社会学におけるグローバルな視点&独立した研究(GPR)、法律、文学である。Aレベルを受講するは四つの科目まで選択することができる。医学、歯学、薬学、工学などの競争の激しい専門に入学したい生徒には、4科目を履修することがよい。法律、ビジネス、人文科学等の専門に入学する場合、、ほとんどの大学に入学するのは、3科目を履修すれば十分である。
 ほとんどの専門分野には、必要な履修科目と推薦科目の組合せがある。下記の表の通りに、いくつかの専門分野の必修科目と推薦科目組合せが示されている。

表2:専門分野の必修科目と推薦科目組合せ表(ガイド)
専門分野 必修科目 推薦科目
会計&ファイナンス 数学 経済
ビジネスと管理 数学 経済
コンピュータ科学と情報技術 数学 上級数学
エンジニアリング 数学、物理学 上級数学
健康、医療&薬局 数学、生物学、化学 物理学
ライフサイエンス 数学、生物学、化学 物理学
法律 法律、経済学 英文学
出典:UniDigest

2013年9月から、マレーシア教育省(MOE)の要求に応じて、すべての生徒は Mata Pelajaran Pengajian Umum (MPU)科目の組合せを履修しなければならない。従って、マレーシアでAレベルを履修するすべての生徒は、さらに三つの科目を履修しなければならない。MPU科目の組合せは主に四つの部分に分けられている。それはU1, U2, U3 と U4であり、それぞれは芸術と歴史、ソフトスキル、一般知識とコミュニティ管理を指している。このルールは同時に、大学予備課程/プログラム、ディプロマ・プログラムと学士学位のプログラムで実行している。

3. カナダ大学予備課程プログラム Canadian Pre-U Programme
マレーシアでのカナダ大学予備課程プログラム(Canadian Pre-University: CPU)はカナダの教育制度に基づく大学予備課程であり、グループワークやディスカッションやプレゼンテーションが得意な生徒に向いている。生徒たちがSPM、或いはIGCSE、または同じレベルの学歴を取得してから、CPUに入学することができる。CPUの学習期間は、入学時期によって異なり、 10か月から15か月である。このプログラムは、カナダのオンタリオ教育省によって授与され、世界的に認められている。

3.1 入学条件
CPUに入学するには、Aレベルと同じ、生徒は、SPMやIGCSEやその他の同レベルの検定試験で、英語を含めて五つのCを取得し、同時に、マレー語と歴史に合格しなければならない。科学の分野の学位を求める生徒は数学、物理、化学および生物という科目で、すべてはCを達成する必要がある。マレーシアのカナダプレ大学(CPU)の入学時期は、1月3月7月と10月である。

3.2 プロクラムの構造と評価
CPUは非常にインタラクティブであり、ディスカッションやプレゼンテーションやプロジェクトを中心に展開している。 10-15ヶ月という学習期間は、他の大学予備課程よりも短いと考えられている。生徒に対する評価は、授業が7割を占め、試験は3割を占めている。このコースを受講する生徒は、英語を含む6科目を取ることが要求される。 AレベルやSACEインターナショナルを受講する生徒は最初から最後まで同じ科目を勉強することに対して、CPUの生徒の勉強はモジュールに基づいている。その意味は、生徒は一つ学期で二つから三つのサブジェクトを終了して、次の学期からまた別のサブジェクトを選択することができる。
上記の内容に加えて、生徒が正常にこのコースを完了するために、彼らにまた、以下のことを求められている:
● オンタリオ州高等学校リテラシーテストに合格(Ontario Secondary School Literacy Test: OSSLT)
● 承認された社会奉仕の時間の数
以下は大学での各分野に進学するために、推薦科目の一覧である。

表3:各分野に進学するために推薦科目表
専門分野 推薦科目
会計&ファイナンス 英語4U /英語4C、財務・会計
ビジネスと管理 英語4U /英語4C、ビジネスリーダー、国際ビジネスの基礎
コンピュータ科学と情報技術 英語4U /英語4C、上級関数、微積分およびベクター
エンジニアリング 英語4U /英語4C、上級関数、微積分およびベクター、物理学
健康、医療&薬局 英語4U /英語4C、上級関数、微積分およびベクター、生物学、化学
ライフサイエンス 英語4U /英語4C、上級関数、微積分およびベクター、生物学、化学
数学/保険数理 英語4U /英語4C、上級関数、微積分およびベクター、数学データ管理
出典:UniDigest

2013年9月から、マレーシア教育省(MOE)の要求に応じて、すべての生徒は Mata Pelajaran Pengajian Umum (MPU)科目の組合せを履修しなければならない。従って、マレーシアでAレベルを履修するすべての生徒は、さらに三つの科目を履修しなければならない。MPU科目の組合せは主に四つの部分に分けられている。それはU1, U2, U3 と U4であり、それぞれは芸術と歴史、ソフトスキル、一般知識とコミュニティ管理を指している。このルールは同時に、大学予備課程/プログラム、ディプロマ・プログラムと学士学位のプログラムで実行している。

3.3 評価
Aレベルとオーストラリアの教育システムとは異なり、このコースで生徒の成績が他の生徒の成績に影響されることはない。オンタリオルブリックを使用することによって、生徒の以下の能力に基づいて評価する。
● 知識/理解
● 思考/お問い合わせ
● アプリケーション
● 通信
正常に完了すると、生徒たちが一つの最終的な成績受け取る。この最終的な成績生徒が受講した6科目の成績の平均である。最大成績は100%である。

4 SACEインターナショナル
SACEインターナショナル(South Australian Matriculation:SAMと呼ばれていた)はオーストラリア大学の予備課程の一つである。マレーシアで生徒たちがSPM、或いはIGCSE、または同じレベルの学歴を取得してから、SACEインターナショナルに入学することができる。SACEインターナショナルのカリキュラム、試験と資格認定は、南オーストラリア州のSACE理事会(South Australian Certificate of Education (SACE) Board)によって運営され、マレーシアと中国のいくつかの学校で教えられている 。
SACEインターナショナルを受ける生徒に対する評価は、平日の小テストが7割を占め、最終試験が3割を占めている。SACE国際プログラムはオーストラリアだけではなく、シンガポール、香港、インド、ニュージーランド、英国、米国を含む世界中の大学に認められる。
これは、ハンズオン学習に焦点を当てている。例えば、科学を学ぶ生徒は、実験室での実習に参加する必要ことが求められている。数学を受講する生徒には、毎週に彼らの知識に対する理解と運用をテストするクイズがある。言語科目で、生徒の成績がエイッセと口頭試験によってつけられる。ビジネスの生徒がプレゼンテーションやグループ課題によって、彼らのスキルを向上させる。
実はオーストラリアはもう一つの予備課程がある。それはオーストラリアマトリキュション(Australian Matriculation:AUSMAT)であるSACEインターナショナルとは違って、オーストラリアマトリキュション西オーストラリア州政府の法的権限の規格庁によって管理され、成績の評価について、授業と試験は各自に50%占めている。
すべての評価および成績は、プログラムの終了時に、オーストラリアの第三紀の入学ランク(ATAR)に変換される。 ATARは、学部のエントリの要件としてすべてのオーストラリアの大学で用いられている。オーストラリアでのさらなる研究を追求するつもり学生は真剣にこれを自分の大学予備課程としてこれを考慮する必要がある。

4.1 プロクラムの構造と評価
このプログラムは線形構造(linear structure)に基づいている。このコースを受講する生徒たちは最小5科目最大6科目を履修する。したがって、任意の時点で、学生は少なくとも5科目からの平日の連続的な小テストを受けなければならない。各被験者の平日の連続的な小テストは、彼らの成績の50%から70%まで占めることができる。残りの30%~50%は期末試験である。
プログラムの終了時に授与さATAR成績は、生徒の最高の五つの得点に基づいて計算される。そのうち、得点が最高の四つの科目の成績はそのまま最終成績の得点に加えられ、残りの一つの科目の得点は折半され、最終成績に加えられる。従って、最終成績の満点は450点である。そして、この点数がその年の他の受験生と比較され、ATARが90の場合、それは、その生徒の成績はすべての生徒の中で90%以上の生徒より得点が高いという意味をしている。

4.2 科目
テイラーズ・カレッジが提供するSACEインターナショナル科目は:会計学、生物学、化学、経済学、英語を第二言語学、英語コミュニケーション、リーガル学、数学研究、栄養、物理学、心理学、研究プロジェクト、専門数学を含めている。SACEインターナショナルは上述の科目以外、実態は設計と技術、近代史、音楽、ビジュアルアーツを提供している。
生徒たちには英語、数学とその他の将来の専門分野に関係する科目が進められている。 以下は、各専門分野に入学するために、履修する推薦科目の一覧である。

表4:各専門分野に入学するために、履修する推薦科目の表(ガイド)
専門分野 推薦科目
会計&ファイナンス 数学、英語、経済、経営、会計&ファイナンス
ビジネスと管理 数学、英語、経済、経営、会計&ファイナンス
コンピュータ科学と情報技術 数学、英語、専門数学、物理学、1他の科目

エンジニアリング 数学、英語、専門数学、物理学、化学
健康、医療&薬局 数学、英語、生物、化学、物理学
ライフサイエンス 数学、英語、生物、化学、物理学
法律 法律学、経済学、数学、英語、1他の科目
出典:UniDigest

4.3 入学条件
マレーシアでSACEインターナショナルに入学するには、生徒は、SPMやIGCSEやその他の同レベルの検定で、英語を含めて五つのCを取得し、同時に、マレー語と歴史に合格しなければならない。科学の分野の学位を求める生徒は数学、物理、化学および生物で、Cを達成する必要がある。医学の分野の学位を求める生徒は、数学、物理、化学、生物学ともう一つの科目で五つのBをし取得することが最低条件である。


5. 国際バカロレアディプロマプログラム International Baccalaureate Diploma Programme (IBDP)
国際バカロレアディプロマプログラム(International Baccalaureate Diploma Programme:IBDP)は通称IBDPは大学予備課程の一つである。IBDPには二つの入学時期があり、一つは7月で、もう一つは9月である。IBDPの評価について、外部試験が80%を占めており、残りの20%が普段の小テストである。

5.1 プロクラムの構造
IBディプロマプログラムの生徒は、自分の母語、第一外国語(複数可)、社会科学、実験科学や数学の知識と理解の幅を確保するために、5つのグループ(1〜5)一つのサブジェクトを選択する必要がある。また、六つ目のグループ或いは先ほどの1-5のグループから、もう一つの芸術科目を選択する。このプログラムの生徒は、高いレベルと基準レベルのから科目を選ぶすることができる。高いレブべの科目(240授業時間)は3つ以上4つまで選択し、残りは基準レベル(150授業時間)の科目から選択することが要求される。教授言語は英語、フランス語とスペイン語という三つの言語がある。また、生徒たちの知識とスキルを適用させるため、三つの構成要素が設けられている。
六つのグループの中で合計12科目があり、そのうちから6科目を選択する:
グループ1:言語と文学における研究
グループ2:言語
グループ3:個人と社会
グループ4:科学。
グループ5:数学
グループ6:芸術。

テイラーズ・カレッジ提供するIBDP科目は、生物学、経営学、化学、経済学、英語A文学、フランス語(French ab initio)、中国語(Mandarin ab initio)、数学、数学的研究、心理学、物理学と劇場芸術である。
IBDPを終了するには、三つの構成要素を完成しなければならない。この三つの構成要素は以下の通りである:
1)知識の理論(Theory of knowledge:TOK):プレゼンテーションと1600字の小論文で評価する。
2)論文:独立で自律で研究して完成した4000時の論文。
3)創造性、行動、サービス(Creativity, Action, Service:CAS)CASプロジェクトは、生徒の主導性、忍耐力、チームワーク、問題解決力と決定力を開発することを目的する。

5.2 評価
IBDPは同時に外部評価と内部評価(小テスト)を用いている。そのうち、外部評価は80%であり、内部評価は20%である。プログラムが終わるときに、生徒たちは外部のIBDP試験委員によって採点される筆記試験に参加する。また、生徒たちの小テストは内部の先生によって採点され、外部のIB審査官によって審査される。あるいは、直接試験委員に郵送する。
一つの科目の成績は、1(最低)〜7(最高)までである。また、識の理論と論文知によって、更に最大3点を得ることができる。従って、生徒の一番高い得点合計45点である。はこのプログラムのディプロマを取得するには、少なくとも24点を得ることと、プログラムでの創造性、アクション、サービス(CAS)への参加が評価されているが必要である。
カナダ大学予備課程プログラムとは同じ、このコースで生徒の成績が他の生徒の成績に影響されることはない。IBの基準を使用することによって、生徒の能力に基づいて評価する。

6. フォーム・シックス プログラム(Form 6)
フォーム・シックスは、政府によって提供される大学準備プログラムである。政府の支援で中学校で運営されたから、今まで50年以上も経った。社会科学と科学という二つの種類の課程がフォーム・シックスの教育で提供される。後期中等教育を終えて、そしてSPM審査に受かった生徒がフォーム・シックスに入る資格を有する。

6.1 入学条件
フォーム・シックスに入学する一般な要件:上級中学教育完了し、マレーシア教育検定試験(SPM)に合格し、マレー語に合格しなければならない。

6.2 プロクラムの構造と評価
2012年1月4日の Cabinet Meetingで、STPMという新しい評価システムの実施が許可されて以降、 2012 年で実施し始めた。STPMという新たな評価システムで、合計22科目が提供されている。
しかし、一般教養(Pengajian Am)という必修科目を含め、生徒たちが4-5科目しか履修できない。また、 MALAYSIAN UNIVERSITY ENGLISH TEST(MUET)という英語科目は、すべてのSTPM学生の必修科目である。フォーム・シックスの教育に統合された三つの主要なスキルは、認知、操作及びソフトスキルである。

上述の22科目の詳細:
フォーム・シックス科目4つのグループに分けられている。

表5:グループに分けられるフォーム・シックスの科目の一覧
グループ1 言語と文学 一般教養、マレー語、中国語、タミル語、アラビア語、英文学
、コミュニケーションマレー文学
グループ2 社会科学と宗教 シャリア(イスラム法)、Usuluddin(イスラム学)、歴史、地理、経済、実務研修、会計
グループ3 科学と数学 数学M(管理)、数学T(テクノロジー)、上級数学、情報通信技術(ICT)、物理
化学、生物学
グループ4 芸術と健康 スポーツ科学、視覚芸術
出典:Majlis Peperiksaan Malaysia (MPM) マレーシアの検定試験協議会より筆者作成

全ての科目のカリキュラム内容、三つの学期に分けられている。それは、P1、P2とP3と呼ばれ、合計一年間はんのコースである。具体的な内容は以下の通りである。

表6: 学期の期間と期末試験
学期 期間 試験
P1 May to November (26 weeks)
3月ー11月(26週間) 1学期試験 (P1)
P2 January to May (20 weeks )
1月ー3月(20週間) 2学期試験(P2)
P3 May to November (26 weeks)
3月ー11月(26週間) 3学期試験 (P3), 繰り返す1学期試験 (U1), and Repeat Examination 2 (U2)
出典:Majlis Peperiksaan Malaysia (MPM) マレーシアの検定試験協議会より筆者作成

全てのフォーム・シックスの生徒はまた課外活動に参加しなければならない。課外活動の点数は、クラブ/サークル、運動/ゲーム、制服団体という三つの部分の中、得点が高い二つの部分から構成されている。この課外活動の得点は総体評価の10%を占めている。
フォーム・シックス評価は、期末統一試験(60%から80%を占める)及びコース・ワーク(授業の課題)(20%から40%を占める)という二つの部分が含まれている。パーセンテージは、科目により異なっている。生徒はP1、P2とP3という期末統一試験に参加しなけれあならない。また、授業の課題を完成しなければならない。生徒は、毎学期、自分審査結果を受け取る。彼らは、U1およびU2審査に参加することによって、彼らのP1とP2の結果を向上させることができる。生徒の評価・審査結果は、それらのすべての3つの学期で得られた結果に基づいている。次のように全体のSTPM審査結果は三つの学期の最良の累積結果である:最良の結果[(P1またはU1)+(P2またはU2)+ P3+授業の課題]
STPMは累積成績平均点(Cumulative Grade Point Average:CGPA)システムを使用している。A、A-、B +、B、B-、C +、C、C-、D +、D及び不合格のFという11グレード(等級)がある。これらのグレード(等級)のそれぞれに当てはまるグレードポイントは、1.0と4.0の間である。Aは4.0で、D-は1.0である。 Fのグレードポイントは0である。2012年以降、各科目のCGPAは科目グレードポイントとして使われている。同時に、全ての科目の全体的なCGPAポイントは「全体グレード・ポイント」として知られる。

表7:各科目のグレードポイント(SGP)
Paper Grade
(According to
terms )
Subject Grade (Cumulative)

Subject Grade Point (SGP)
STATUS
A A 4.00 Full Pass
A- A- 3.67 Full Pass
B+ B+ 3.33 Full Pass
B B 3.00 Full Pass
B- B- 2.67 Full Pass
C+ C+ 2.33 Full Pass
C C 2.00 Full Pass
C- C- 1.67 Partial Pass
D+ D+ 1.33 Partial Pass
D D 1.00 Partial Pass
F F 0.00 Fail
出典:マレーシア教育省

生徒の各科目のグレードとSGPは結果スリップ(result slip)と資格証明書(certificate)に現れている。全ての科目のグレードポイントはもっともたかい四つの科目の加重平均である。すなわち、もし一人の生徒が四つの科目でAを取って、五つ目の科目が不合格である場合、彼のCGPAはまた4.0になる。
CGPA2.0以上は合格であり、2.0以下は部分合格であり、0は不合格である。マレーシア公立大学への入学は、2.0以上のCGPAが必要である。私立大学、カレッジや井パンの大学はCGPA 2.0未満の生徒を受け取ることもある。
STPM証明書は、マレーシア政府、公務員(JPA)とケンブリッジ評価、イギリスによって承認されている。 STPMと課外活動で優れた結果を得た生徒は、地元の高等教育および海外の高等教育機関に進学する資格を持っている。 STPM証明書はまた、JPAによって認証され、政府機関に入職することが出来る。


7. 教育省マトリッキュリション・プローグラム
教育省マトリッキュリションプローグラムは、主なブミプトラの生徒が対象とするマレーシアの大学予備課程の一つである。1980年代から初めたこの入学プログラムは、それぞれの地元の公立大学によって運営されていた。1998年9月1日に、「大学入学部」は、マレーシア教育省によって設立された。この「大学入学部」は、。マレーシア・インターナショナル・イスラミック大学(International Islamic University Malaysia:IIUM)とマラヤ大学のファウンデーション課程センター(Centre for Foundation Studies (University of Malaya)を除き、すべてのマトリッキュリションプローグラムを管理している。最初の正式なマトリッキュリションプローグラムは1999年に始めた。2003年から、このプログラムは各州のマトリッキュリション・コレージとマラ・コレージのみで行われる。マトリッキュリション・コレージのリストについて、付録1に記載されている。

7.1 プロクラムの構造
教育省マトリッキュリション・プローグラムの期間は主に2学期である。このプローグラムの分野は、主に三つがある。
1.科学ストリーム(コードM001)
2.会計ストリーム(コードM003)
3.技術ストリーム(コードM007)。
科目の詳細は、以下の通りである。

表8:グループに分けられる科目の一覧
1.科学ストリーム
モジュールI:数学、化学、物理学、生物学
モジュールII:数学、化学、物理学とコンピュータサイエンス
モジュールIII:数学、化学、生物学とコンピュータサイエンス
2.会計ストリーム 数学、会計、経営と経済
3.技術ストリーム 数学、工学化学、工学物理、工学研究
出典:マレーシア教育省

専門分野内の科目に加えて、以下の項目は、すべての生徒の必修科目である。
英語、ダイナミックスキル、イスラム/道徳教育、情報技術、課外活動(スポーツ/ゲームやクラブやマーチング)。

7.2 評価
評価は、小テスト、中間試験、期末試験に基づいている。
マレーシア公立大学への入学するには、2.0以上のCGPAが必要である。
このプログラムは、寄宿制度であり、費用についてはほとんど教育省によって、支援されている。

7.3 批判
新経済政策(NEP)の中の教育政策について、多くの論争がある。2002年まで、公立大学は一定クォータ55く%) のプミプトラ生徒を受け取る制度があった。2003年から、この論争が激しい制度は政府により削除されたが、民衆の観点から見れば、マレーシアの高等教育不公平の問題はまだ残っている。何故かというと、それはブミプトラの生徒の大多数はマトリッキュリションプローグラムを選択するからである。公立大学はCGPAで学生を選抜するが、同じCGPAを取得するには、フォーム・シックスより、教育省マトリッキュリション・プローグラムという大学予備課程のほうが簡単だと思われる。異なるプログラムの間のCGPAの採点基準が必ずしも一致してはいない。その他、試験採点に対する監督不足という問題もよく批判されている(Mtungwa, 2009)。
このプログラムは主に、ブミプトラ生徒に開かれている。入学するとき、90%クォータはプミプトラ生徒に与え、残りの10%は非ブミプトラ生徒である 。





















付録1:マレーシアの教育統図

出典:CLAIR REPORT NUMBER 217(2001)からの図をもとに筆者作成

付録2:マトリッキュリション・コレージのリスト
http://www.moe.gov.my/en/direktori-kolej-matrikulasi
Institutions / Address Telefon/ Fax Email/ Website
Malacca Matriculation College
Kementerian Pendidikan Malaysia,
78300 Masjid Tanah, Melaka. Tel:06-3832000
Fax:06-3847190 Email:kmm[@]kmm.matrik.edu.my
Website:
http://www.kmm.matrik.edu.my
Negeri Sembilan Matriculation College
Kementerian Pendidikan Malaysia,
72000 Kuala Pilah, Negeri Sembilan. Tel:06-4841825
Fax:06-4841821 Email:info[@]kmns.matrik.edu.my
Website:
http://www.kmns.matrik.edu.my
Penang Matriculation College
Kementerian Pendidikan Malaysia,
13200 Kepala Batas, Pulau Pinang. Tel:04-5756090
Fax:04-5757389 Email:info[@]kmpp.matrik.edu.my
Website:
http://www.kmpp.matrik.edu.my
Perlis Matriculation College
Kementerian Pendidikan Malaysia,
02600 Arau, Perlis. Tel:04-9868613, 04-9868614,
04-9868615, 04-9868616
Fax:04-9868542, 04-9868543 Email:info[@]kmp.matrik.edu.my
Website:
http://www.kmp.matrik.edu.my
Labuan Matriculation College
Kementerian Pendidikan Malaysia,
Jalan OKK Daud, Merinding,
Peti Surat 81735,
87027 Wilayah Persekutuan Labuan. Tel:087-465311, 087-465314
Fax:087-466500 Email:adminkml[@]kml.matrik.edu.my
Website:
http://www.kml.matrik.edu.my
Johor Matriculation College
Kementerian Pendidikan Malaysia,
Jalan Payamas,
84900 Tangkak, Ledang, Johor. Tel:06-9781613
Fax:06-9781595 Email:info.kmj[@]kmj.matrik.edu.my
Website:
http://www.kmj.matrik.edu.my
Perak Matriculation College
Kementerian Pendidikan Malaysia,
31600 Gopeng, Perak. Tel:05-3594449, 05-3594600
Fax:05-3594412,
05-3594413 Email:info[@]kmpk.matrik.edu.my
Website:
http://www.kmpk.matrik.edu.my
Kedah Matriculation College
Kementerian Pendidikan Malaysia,
06010 Changlun, Kedah. Tel:04-9286100
Fax:04-9242186 Email:info[@]kmk.matrik.edu.my
Website:
http://www.kmk.matrik.edu.my
Pahang Matriculation College
Kementerian Pendidikan Malaysia,
26300 Gambang, Pahang. Tel:09-5495000
Fax:09-5499612, 09-5498996 Email:info[@]kmph.matrik.edu.my
Website:
http://www.kmph.matrik.edu.my
Kedah Technical Matriculation College
Kementerian Pendidikan Malaysia,
Pokok Tai, 06720 Pendang, Kedah. Tel:04-4682508
Fax:04-4682281 Email:admin.kmtk.matrik[@]1govuc.gov.my
Website:
http://www.kmtk.matrik.edu.my
Pahang Technical Matriculation College
Kementerian Pendidikan Malaysia,
26400 Bandar Jengka, Pahang. Tel:09-4677103
Fax:09-4677102 Email:admin[@]kmtph.matrik.edu.my
Website:
http://www.kmtph.matrik.edu.my
Johor Technical Matriculation College
Kementerian Pendidikan Malaysia,
KM 5, Jalan Kukup,
Mukim Rimba Terjun, 82000 Pontian, Johor. Tel:07-6881629, 07-6881630
Fax:07-6881631, 07-6882720 Email:info[@]kmtj.matrik.edu.my
Website:
http://www.kmtj.matrik.edu.my
Selangor Matriculation College
Kementerian Pendidikan Malaysia,
Kathong Mukim Jugra,
42700 Banting, Selangor. Tel:03-31201410
Fax:03-31201372 Email:webmaster[@]kms.matrik.edu.my
Website:
http://www.kms.matrik.edu.my
Kelantan Matriculation College
Kementerian Pendidikan Malaysia,
Beg Berkunci No. 3,
16810 Selising, Kelantan. Tel:09-7808000
Fax:09-7808080 Email:webmaster[@]kmkt.matrik.edu.my
Website:
http://www.kmkt.matrik.edu.my
Sarawak Matriculation College
Kementerian Pendidikan Malaysia,
Lot 216, Fasa II,
Taman Perindustrian Sejingkat,
Peti Surat P17, 93457 Kuching, Sarawak. Tel:082-439100
Fax:082-433108 Email:admin[@]kmsw.matrik.edu.my
Website:
http://www.kmsw.matrik.edu.my
Kolej MARA Kulim
Jalan Junjong,
09000 Kulim, Kedah. Tel:04-4906422
Fax:04-4906426 Email:info[@]kmkulim.edu.my
Website:
http://www.kmkulim.edu.my
Kolej MARA Kuala Nerang
Lot 556, Daerah Padang Terap,
06300 Kuala Nerang, Kedah. Tel:04-7867250, 04-7867255
Fax:04-7867254 Email:sysadmin[@]kmknerang.edu.my
Website:
http://www.kmkn.edu.my



参考文献:
1. テイラーズ・カレッジのホームページ http://college.taylors.edu.my
2. テイラーズの大学予備課程目論見書 Taylor’s preu-prospectus 2015 (2015)
3. 大学ダイジェストのホームエージ https://unidigest.com/en/my/courses/pre-university
4. SACEのホームページ https://www.sace.sa.edu.au/students/sace-overview
5. IBOの国際バカロレアディプロマプログラムのパンフレット(2012)IBDP International
http://www.ibo.org/globalassets/publications/become-an-ib-school/ibdp_en.pdf
6. マレーシア教育省 Ministry of Education Malaysia. (2012) フォーム・シックス http://www.moe.gov.my/en/tingkatan-enam
7. Majlis Peperiksaan Malaysia (MPM) マレーシアの検定試験協議 (2016), 審査規制スキーム
Peraturan dan Skema Peperiksaan 2016.
http://www.mpm.edu.my/download_stpm/peraturan_dan_skema_peperiksaan_stpm2016.pdf
8. マレーシア教育省 Ministry of Education Malaysia. (2012) 教育省マトリッキュリション・プローグラム http://www.moe.gov.my/en/program-matrikulasi
9. Selection Of Students For Matriculation Programme Based On Meritocracy - DPM
http://education.bernama.com/index.php?sid=news_content&id=961086